CDドライブモーター改造

何十年かぶりに思い出したようにモーター作りですその昔流行ったCDドライブのモーターを使った改造です
材料はその昔作っていた残り物を使います。
軸受はオイルレスメタルからBrgにしてありますマグネットはノーマルのままです。
イメージ 1
記憶を頼りに巻き線開始ですがいきなり間違えてしまいましたコア2つ飛ばしで巻かないといけないのに
3回目で1つ飛ばしで巻いてしまった。。。最初っからまき直しその後巻き線途中で引っ張りすぎで配線切れなどのアクシデント多発です。
イメージ 2
気を取り直してゆっくのと巻き線再開ですテンションかけながら巻くのでもう指先が痛くなりますが途中ではやめられません3コイル1セット巻き終わるまでは我慢我慢です何とか最後のコイルを残すところまで進みました。
イメージ 3
ここまで巻くとホッとしますもう一息で巻き終わります0.4ミリのポリウレタン線1コア18回巻いています21回巻きたかったのですかこの線径では無理でしたコイルの結線はスター結線です。
何とか無事巻き終わりました、巻き終わりはこんな感じですこれから配線の端末処理とコネクター取り付けです
イメージ 4
手持ちのコネクターを使いますこのタイプはすぐ抜けやすいのですが実際の使用するときはテーピングで抜け止めするので問題ないと思います。
イメージ 5
でコネクターを半田付けしてモーター部は完成となります。
イメージ 6
ここまで出来てくると回るかどうかテストしたくなりました。
イメージ 7
慌ててリポバッテリーを充電してどこかにしまい込んでいるレシーバーセットを探しに押し入れに潜り込む深夜なのにお構いなしにガサゴソガサゴソ。。。。ありました、バッテリー充電待ちの間一眠りです。。疲れたー
目が覚めたら次の日10時半になっていましたが早速試運転です。。。。何とか起動して回りました。
イメージ 8
久々に試運転を動画で撮ったのでUPしようとしたら、なんと言う事でしょう~パスワード思い出せません(笑)
再度ログインしなおして試運転UPできました、モーターカンを引っ張ると抜けますが飛行機はプッシャータイプなのでカンは押し付け方向に力がかかるので問題ありません。
2セル、3セルとテストしましたが3セルの高回転域で脱調して回転がばらつきます飛行中は負荷が減るので大丈夫だと思います、あとは推力を測りたいと思います測り方は料理用の計量秤にモーターを置いて回転させて何十グラムで押し付けるか見るのです。

by(^0_0^)nap