IC-03N修理

前回DELLのパソコンを引き取ってくれた無線仲間からのIC-03Nの修理以来です、何でもワッチしているといつの間にか音声が出なくなるそうですアレっと思って手に取ると鳴り出したり又いつの間にか音声が出たりでなかったりの症状だそうです送信は問題ないとの事。

f:id:nap2:20200630000644j:plain

結構年季の入っているハンデー機ですね早速外部電源繋いでスケルチオープンしてじっくりと症状が出るま10でワッチです。

f:id:nap2:20200630001102j:plain

10分ぐらいしたら音声が出なくなりましたので手に取ろうと本体に手をかけると音が出ました又放置していると出なくなる早速中身を見る事にしてみた、幸いメーカーのホームページに取説と回路図が有ったのでまだ良い方です。

f:id:nap2:20200630001425j:plain

チップ部品は使っていないからまだ良い方ですこの状態で症状が出てもチョットどこが悪いか判断つかないのでさらに2つ割で調査です、そのためには電源端子を外さないと殻割できませんでした。

f:id:nap2:20200630001811j:plain

無事2つ割でワッチ開始です、症状が出るとピンセットでアッチコッチ突っつくがチョット触ると音が出たり触っても音が出ない時はボリュームを上げ下げすると突然音が出たりとホント楽しい症状です(笑)

f:id:nap2:20200630002114j:plain

どうもこの場所ではない様なのでさらに三枚おろしに基板を開いてまたまた症状が出るまでじっと我慢の子です。

f:id:nap2:20200630002352j:plain

蛇足ですがここまで殻割しないと照明用のムギ球は交換できない様です。

症状が出たのでピンセットでソ~っとアッチコッチつっいているとスピーカーを抑えると音が出ました(変だな~スピーカーの断線チェックはOKなのにな~)と思いスピーカーの押さえ金具を増し締めすると音が出てきたその後スケルチ利かして一時間ぐらい放置してスケルチを開くと音は出ています。

f:id:nap2:20200630003316j:plain

その後音切れは出なくなったのでここら辺が怪しいとスピーカー押さえ金具のビスを外すとアース端子も一緒に外れて来たアース線をよく見るとスピーカーとマイクのアース線も端子に半田付けされているこの線が基板アースから離れるとOUTですね~

f:id:nap2:20200630003709j:plain

結構スピーカー押さえのリングは反力が強いので端子を引っ張って基板への半田付け部にクラックが入り剥離した様です。

f:id:nap2:20200630004101j:plain

原因が判ったのでスピーカーとマイクのアース線は直接プリント板に半田付けしてスピーカー押さえのアースは捌線でアースするように再発防止をしておきました。

f:id:nap2:20200630004327j:plain

今考えると外部スピーカーだとアースは直接グランドに落ちているのでダンマリ症状出ないので確認しておくべきでしたいつもなら音関係は真っ先に外部SPで確認するのに反省です。

f:id:nap2:20200630004454j:plain

無事原因も分かったので組付けです。

f:id:nap2:20200630004833j:plain

全部組付け

f:id:nap2:20200630004953j:plain

修理完了です、古いけどチップ部品を使って無いのでまだまだ長持ちすると思います、ただしくれぐれも乾電池の液漏れには注意(笑)

 

by(^0_0^)nap

 

キーボードの修理

頂いたPC2台の内1台目は昨日無事Windows10のインストールも終わり無線仲間の所へ嫁入りしましたがその作業をしている時キーボードのスペースキーが反応しなくなってしまったWindows10インストールデスク入っている修復DOSコマンドでハードデスクの修復をしている最中だったのでスペースキーが使用出来ないのは致命的でした。

f:id:nap2:20200627054707j:plain

幸いUSBキーボードなので差し替えて無事Windows10はインストールできたのだが

f:id:nap2:20200627054834j:plain

本格的にキーボードの修理です、分解して見るとフィルム3枚有り1枚目と3枚目にキーマトリクスの印刷?配線がしてあり真ん中の2枚目は絶縁スペーサーの様でした早速テスターでスペースキーの断線箇所調査です悪い箇所は3枚目のスペースキーマトリクスの一部が(赤丸)所でした。

f:id:nap2:20200627054952j:plain

テスターでは200Ωぐらいの抵抗値が出たりオープンだったりと判断線でONしなかったようです。

f:id:nap2:20200627055720j:plain

赤丸の部分が何やら指で触ったような形状に変色しているそして矢印部分を境にテスターで高抵抗を示したり断線状態とどうも腐食が進行している様です試しにこの部分をバイパスして見るとスペースキーは反応するので間違いない様です。

バイパス用の材料です。

極細の線はイヤホンなどに使われている撚線をほぐして2本だけ新たに撚って使いますそして短絡させる素材は電磁シールドなどに使われているものを6㎜角に切って使います。

f:id:nap2:20200627060258j:plain

この電磁シールド素材はSGなどの発振部のシールドBOXの蓋などの電波シールドに良く使われいるこれを使います。

f:id:nap2:20200627061352j:plain

出来上がったバイパス線をマトリクス配線の所へテープで貼り付けますテープもテントやビニールハウスの補修用強力なものを使いました、

f:id:nap2:20200627061751j:plain

バイパス箇所はスペースキー用の使ってない接点部ですそこから断線部を迂回して配線面積の大きい部分へ張り付けました細い線はそのまま引き回しですがこの線の絶縁皮膜は丈夫なのでそのままでも大丈夫です。

バイパス完了後PCに繋いで確認作業です。

f:id:nap2:20200627062312j:plain

メモ帳を開いて入力確認すべてのキー入力異常無しなのでキーボードを組付けます。

f:id:nap2:20200627062455j:plain

修理が完了した後気が付いたのですか悪い配線部を残して両側配線をテープでマスキングしてそこにこのシールド材を貼り付けれはスマートに補修出来たな~(笑)

導電塗料が有ればもっとスマートなんですがネ~所で試しに2Bの鉛筆でこすっても断線箇所は復活しなかった(;^ω^)

by(^0_0^)nap

 

🍒サクランボです。

昨日妻の実家からサクランボが届きましたわざわざ市場に行ってその場でクール宅急便をお願いして送ったそうです。

f:id:nap2:20200626080708j:plain

実家から色々と送ってもらうのですが名古屋から贈る様な物が無いのが悩みの種です安城のナシと駒立のブドウそして三ケ日やが蒲郡のミカンあとリンゴそのくらいですが仙台にも利府ナシや近県に青森リンゴなど産地が有るのでダブりますが気は心で時期になるとお返しを送っています

by(^0_0^)nap

 

CW練習機

久々にCWの練習と思い出したように自作のキーと発振器取り出してたたいてみると音がビュビガーと変な音接点が錆びていたのか磨いたら何とか音が出たが今度は練習機の音調調節ボリュームがガリオームでこれまたビュビガーと言う音で道具は使ってないと駄目ですね~と言うわけでボリュームの清掃です。

f:id:nap2:20200625085725j:plain

乾電池トイザラスが入っていた、早速ボリューム取り外して分解です。

f:id:nap2:20200625085910j:plain

このボリュームにはセンター端子が付いています個人的にはこのタイプりボリュームは初めて見ました、さて綿棒にアルコール浸み込ませて摺動面清掃です。

f:id:nap2:20200625090239j:plain

全摺動面清掃してサンハヤトのコンタクトグリスを薄く塗っておきました。

f:id:nap2:20200625090453j:plain

組付け後自作電鍵で試し打ちですが~何だかブザーの様な音しか出ません。

f:id:nap2:20200625090824j:plain

無線機に繋いで電波が出ない設定にしてサイドトーンで練習した方が良い音がするようです。

by(^0_0^)nap

 

デスプレイの更新

うん十年と故障知らずで活躍してきたSONYの19インチCRTを液晶デスプレイに置き換えました、hPのワークスステイションに繋いで綺麗な画面と多彩な表示画素を有していたのですが入れ替えです別に不具合が有る訳でも無いのでが・・

f:id:nap2:20200624164235j:plain

入れ替え用の液晶デスプレイは今まで使っていた富士通22インチと同じものをネットで探して購入した。

f:id:nap2:20200624164214j:plain

デスプレイ値段は送料の2倍ぐらい(笑)何だか変なこだわりで同じものを買ってしまった。

日付から判るように昨日届いて今日設置完了ですよ~(^o^)/

by(^0_0^)nap

 

IDEのRAIDシステム

押し入れシリーズです(笑)

その昔流行ったRAID接続用の装置が出てきました当時はPCのスピードを求めてCPUのオーバークロックやら発熱対策の水冷化さらにハードデスクのSCSI化などの記事が溢れていたそんな時に手に入れた装置です。

f:id:nap2:20200622140441j:plain

使いっぱなしで埃まみれがチョット気になったので清掃して見た。

f:id:nap2:20200622140610j:plain

ホコリが取れないかと思ったが以外に掃除機でパラパラ取れて綺麗なった。

f:id:nap2:20200622140749j:plain

この装置はIDE用だが更なる立ち上がりの速さを求めてSCSIRAID接続にも挑戦したやった方は判ると思うがハードデスクのシッピング音がうるさいのとハードデスクが意外と早くクラッシュしたりして小遣いを圧迫したりする(笑)早くなっても当時のネット回線速度ではボトルネックであんまり実用性は無かった(個人の見解です)今ならSSDですけどね~

当時パソコンの電源を入れてCRTの画面が出るころWindowsが立ち上がっているのはなんたって快感でした。

掃除が終わりました。

f:id:nap2:20200622143005j:plain

またビニール袋に入れて押し入れ保管場所へ返却です(^o^)/

by(^0_0^)nap