発泡スチロールトレーナー機の製作Ⅳ

発泡スチロールトレーナー機の工作も最終段階になりました、サーボリンケージの位置を決める為受信機を繋いでサーボのニュートラルを出し0.8mmのピアノ線で連結です

f:id:nap2:20200407114916j:plain

リンケージはこんな感じです。

f:id:nap2:20200407115512j:plain

この時機体を持っての作業でしたが機首部をもって作業すると発泡スチロールの為機首がグラグラしていますやはり強度不足の様ですEPPなら平気なのでしょうが何か対策が必要と考え機首の先端までカーボンパイプを継ぎ足し延長しました。

f:id:nap2:20200407115437j:plain

これでラフな着陸でも機首がもげる事は無いと思います。

ついでに発泡スチロールをホームセンターで買ってきた奴とクーラーBOXに使われている発泡スチロールのスライス板を比べて見るとこんな密度が違いました。

f:id:nap2:20200407122549j:plain

左がホームセンター購入品で右が発泡クーラーボックスのスライス板です調べて見ると発泡スチロールにも規格が有るようです、主翼には高発泡を機体や尾翼には強度の有る低発砲の密度の高い発泡クーラーボックスの再利用が安くて良い事が判りました。

今まで捨てていたクール宅急便の発泡クーラーボックスも大まかにカットして保管しておくことにした。

話はそれましたが続きです

f:id:nap2:20200407115642j:plain

胴体部には受信機と反対側にはブラッシレスアンプを取り付ける穴が有るので余計強度低下しているので補強は正解でした。

次にブラッシレスモーターの取り付けですが航空べニヤに取り付けてマストに張り付けたのは良いがベニヤ版が共鳴版となってモーター音が響きます(笑)

f:id:nap2:20200407115907j:plain

このブラッシレスモーターは無線仲間が墜落破損した機体からの取り外し品です。

次に主脚の製作と機体への取り付けです相手が発泡スチロールのためプラ板に縫い付けて接着剤で貼り付けました。

f:id:nap2:20200407120328j:plain

重石を置いて一晩放置。

f:id:nap2:20200407120535j:plain

タイヤは機体の所有者に宿題として自分で作る様にと話しておいたら無事出来た様です

こんな写真を送って来ました。

f:id:nap2:20200407121115j:plain

中々の出来栄えです。

次に尾輪の製作ですと言っても既製品が手持ちに有ったのでそのまま使用しました。

f:id:nap2:20200407121510j:plain

最後に主翼を接着して完成です、バッテリーは重心位置を探るため機首の下にマジックテープで仮止めです。

f:id:nap2:20200407121655j:plain

完成したら工作室にいつまでも置いておくとタバコ臭が付くといけないので別室保管ですその後友人が来てタイヤを付けましたが話に夢中になり完成した発泡スチロールトレーナー機の写真撮り忘れ慌てて機体を持ちかえった友人に完成写真を撮ってもらいメールで転送していただいた(笑)

f:id:nap2:20200407122130j:plain

一応これで完成ですあとは友人と私の二人の楽しい飛行練習が待ってます。

以上で発泡スチロールトレーナー機の製作は終了です、多分飛行訓練編は無いと思うが無事飛んだ時には動画でもUPします。

by(^0_0^)nap

 

 

 

旬の食材

今日夕方、友人から電話が有りました何でも蕨を摘んで湯がいたので持って行きますとの内容でしたわざわざ遠方から来てくれ頂いたのが春を告げる旬のワラビでした何でもお孫さんと散歩がてら摘んだとの事。

f:id:nap2:20200406001106j:plain

用事を済ませて家に帰ると丁度夕食でしたので早速頂きましたチョットお焦げの入ったタケノコご飯と焼き過ぎかな~と思われるアジの開き(笑)そして採れたてのワラビです湯で加減も丁度良く美味しく頂きました。

書き忘れていましたが、今年初めてのツバメを見ました。

 

by(^0_0^)nap

 

 

発泡スチロールトレーナー機の製作Ⅲ

今回は尾翼の補強からです、尾翼は6mm厚の発泡スチロールですから何かにぶつかるとすぐ欠けたりするので外周を白のPPテープで保護するように貼って行きます。

f:id:nap2:20200404153458j:plain

白に白いテープだから見にくいかもしれませんね、補強テープをするとヘナヘナだったスチロール版がパリッと強度が増します。

次に化粧板にする1.6mm厚のEPP板を熱線カッターで切り出しです、弓ノコを改造した熱線カッターで両端に1.6mmのピアノ線を置いた板の中にEPPブロックを置いて引くと簡単にEPPがスライスされます出来た1.6mm厚のEPP板はこんな感じです

f:id:nap2:20200404154142j:plain

このEPPの薄板を発泡スチロール機体側面に張っていきます、スチロールのままだと機体を手で持つので直ぐに欠けたりへこんだりするし手垢で汚れるからです。

f:id:nap2:20200404154739j:plain

 機体の後ろも山切りカットしEPPの化粧板を貼ります、接着剤は3Mのスプレーのり77を使いますスプレーのり99では発泡スチロールが溶けて穴が開ますから間違えない様に。

f:id:nap2:20200404154759j:plain

機首と尾翼のカーボンパイプはホットボンドでつなぎましたがこの部分でのちに不具合が出ましたが後記で対策を紹介します。f:id:nap2:20200404154832j:plain

機体の両側にはサーボを取り付ける穴もあけておきます。

次にエレベーター、ラダー用ホーンを作ります材料は壊れた電池ケースを再利用です

f:id:nap2:20200404160137j:plain

最初に作ったのは少し細かったのでもう1セット作り直したのがこれです。

f:id:nap2:20200404160216j:plain

このパーツは尾翼可動部に切り込みを入れて接着剤を塗り差し込んで固定します

次にラダー、エレベーター作動リンケージのをピアノ線で作りますがここで問題が以前は大型の模型店が近くに有ったのですが安城市から撤収してしまいパーツ類が手に入れにくいのです当然周囲の模型店は当の昔に廃業してるし困ったものです。

今回も長さ50㎝のΦ0.8ピアノ線が必要なのですが手持ちは使い切って空っぽでした、ホームセンターで探しても30㎝のしかおいて有りません。

f:id:nap2:20200404160240j:plain

無い物はしょうがないので作ることに30㎝のステンレスピアノ線を2本繋ぐしか有りません、銅板でジョイント部品を作ります。

f:id:nap2:20200404160259j:plain

0.3㎜の銅板を0.8㎜のステンレスピアノ線に巻き付けるようにして作りハンマーリングして形を整えます。

f:id:nap2:20200404160319j:plain

形が出来たらステンレス半田で2本を接合します、ステンレスのハンダは専用のフラックスと半田を使い大きめのワット数の半田こてで一気に仕上げるのがポイントの様です

f:id:nap2:20200404160344j:plain

この部分はノイズレスパイプ(細い樹脂パイプ)の中を通りますので滑らかに仕上げておきます。

f:id:nap2:20200404160406j:plain

恒例の作業風景はオマケです(笑)

つづく

by(^0_0^)nap

 

鑑賞用さつま芋その後3連発

その後中々鑑賞用さつま芋の成長記録を紹介できないまま写真だけが溜りましたので

 一気に3連発で投稿します。

f:id:nap2:20200404062107j:plain

 

f:id:nap2:20200404062132j:plain

 

f:id:nap2:20200404062157j:plain

少しづつ種芋が縮んできたように思います、多分肥料も無いので種芋からの栄養だけで育ってきたからなのでしょうか小さな鉢植えにした方が良いのかな~

 

by(^0_0^)nap

 

ZIppoオイルライター修理

長年愛用していたZIppoオイルライターが壊れたので仕方なくイミテーションのオイルライターを使っていたがついにこれも壊れてしまった。

上が正規品で下のがイミテーションです。

f:id:nap2:20200402014900j:plain

正規品も相当使い込んで表面のイワナの絵もすっかりはげ落ちています、このライターは蓋をロックするひょうたん型コマの板スプリングが折れて蓋がパカパカ開く。

イミテーションの方は蓋をロックするひょうたん型コマ自体が折損してしまった、材質がアンチモニーなので(たぶん)強度はあまりありません昔の車のドアの取っ手や窓ガラスを上下させるハンドルなどに採用されている金属です。

f:id:nap2:20200402014951j:plain

こうなったらニコイチで再生するしか有りませんどうせ再生するなら正規のジッポーを使えるようにしたいです、まず板バネを止めているハトメを両方のライターから外します。

f:id:nap2:20200402020034j:plain

ドリルでハトメのカシメ部をサラって外しました。

f:id:nap2:20200402020127j:plain

イミテーションの方から外した板バネを正規品に移植ですがハトメの穴の大きさが違っています。

f:id:nap2:20200402023605j:plain

イミテーションの方が径が小さいそこで穴を修正です。

f:id:nap2:20200402020531j:plain

これで組付け準備が整いました、まずは板バネ入れてハトメを内側から入れていきます。

f:id:nap2:20200402020733j:plain

写真でも判る様に正規品のZIppoオイルライターの中は綺麗に仕上げています、さすがですね~

次にハトメのカシメ作業です、まずセンターポンチで広げていきます。

f:id:nap2:20200402021035j:plain

内側のハトメ頭は平たいですがこんな形状の丸棒で押さえて置き上からポンチでカシメますがチョット丸棒の当て金がズレて変形してしまった、ハトメの予備が有れば即交換なのですがジャンク箱中に1個しか無かったのでこのまま修正ごまかしで我慢です。

f:id:nap2:20200402021433j:plain

次に火縄・・・芯??名前が判らないですがをハトメに通して置きじく芯?が中でS字を描くように綿花を詰めていきました。

f:id:nap2:20200402021705j:plain

最後に石をいれて石押さえネジを組付けです。

f:id:nap2:20200402022000j:plain

ZIppoオイルライターの蓋もきっちり締まるようになり開閉するときのキャッパと言う音と開いたときに出るチ~ンと言う音も久しぶりに聞きましたそうこうするうちに蓋の丁番のガタが気なりだした(笑)

何はともあれオイルを補給して親指でやすりをグリッとするとジュッポッと火が付いた。

f:id:nap2:20200402022536j:plain

思い出のZIppoオイルライター無事復活です。

by(^0_0^)nap

 

発泡スチロールトレーナー機の製作 Ⅱ

前回は発泡スチロールから各パーツを熱線カッターで切り出したまで

今回は機首の製作からスタートします。

発泡スチロールを機種の形に切り出し外を3mm厚にスライスしたEPP材で補強します。

f:id:nap2:20200401001754j:plain

ある程度しあがったら側面にも1.6mm厚に熱線でスライスしたEPP材を貼り付けます。

次に6mm厚にスライスした発泡スチロール板で垂直尾翼水平尾翼を切り出して作ります可動部はVカットしてヒンジ代わりの粘着テープで組み立てて置く。

f:id:nap2:20200401002431j:plain

組みあがった尾翼へ胴体となるカーボンパイプを接着しますカーボンパイプの手持ちが無かったので折れて使えなくなったカーボン釣り竿を代用した。

ここで機首材へカーボンロットを埋め込む溝を掘っておきます。

f:id:nap2:20200401002746j:plain

結構ラフに掘っている様に見えますが機首と平行に真っすぐ掘らないと接着した時に首が曲がって見っともなくなります。

f:id:nap2:20200401003101j:plain

組みあがりイメージはこんな感じになります、接着にはホットポンドで接着する予定です、次に熱線カットした左右の主翼に上反角を付ける為ペーパーかけして整えます。

f:id:nap2:20200401003526j:plain

上反角は何度だったか忘れましたが見本の機体から角度テンプレートを切り出してそれに合わせて仕上げ接着します。

f:id:nap2:20200401003755j:plain

接着剤が乾いたら補強板を貼り付けるこの効果は絶大で前作の発泡トレーナー機で連続宙返りしても発泡スチロール製の主翼はしなりましたが折れる事は無かったからです。

次に胴体へ主翼を接着するため胴体上面を主翼の下部面に合うようにカットして置く。

f:id:nap2:20200401004209j:plain

まだこの段階では主翼は接着しません、機体にはサーボ、受信機、ブラッシレスアンプ、サーボリンケージなどの細かい作業が残っているので主翼を取り付けると工作がやりにくいからです。

つづく

by(^0_0^)nap

 

デスプレイ映らず 完了

長々と引っ張っていたデスプレイ映らずですが冷陰極管接触不良を直してから1週間無事不具合の再発も無かったので外していた裏板やフロントパネル類を組付けました。

f:id:nap2:20200330211315j:plain

パネル類が無い方がメカニックでカッコ良かったのですがわがシャックは工作やタバコの煙など弱電設備には良くない環境なので取り付けました。

f:id:nap2:20200330211714j:plain

やっと元に戻りました原因が目視できなかったのですがデスプレイ新調しなかっただけでも良しとします(笑)

by(^0_0^)nap