TR-9300レストア5

前回フロントパネルを取り外す所まででした、その後中に溜まった泥や腐食で発生したサビカスを清掃しました。
各押釦やセレクトSWの動きも直したがどうしてもモード切替がFMから切り替えできません。
アルミの軸とアルミの軸受け部の固着が強烈です、無理すると壊れそうなのでここは後からじっくりと直す予定。

電源プラグが破損していたのでボリュームのプッシュSWへ直接電源コードを半田付けした。
イメージ 1

いよいよ火入れ式です、柏手叩いて電源プッシュON。。。。(/・ω・)/パンパン。。
無事煙も出ることなく電源入りました。
イメージ 2
ボリュームの変化、スケルチの掛かり具合と各スイッチ類の動作確認OKです。
ローターリーエンコーダーも順調です。
イメージ 4

受信するかの確認は他の50Mz無線機にダミーを付けて送信。。。。無事受信動作しているようです。

イメージ 3
心残りはモード切替SWですね~CRCはほとんど効果が出ません、物理的な対処が必要です。

送信テストはまだです、リァーの送信部を外して中の確認をしないと怖い。。。最もマイクが無いし~
イメージ 5
このファイナルユニットを取り付けている皿ビスが腐食がひどくご覧のようにドリルでサラってやらないと
外すことが困難で。。。ドリルが貫通して部品を壊すのも怖いです。。。
まだ4本両サイドにビスが残ってます。

さて、また気が向いたときにレストアの続きをする予定です。

by(^0_0^)nap