IC-71の修理 VFO修理最終回

さて、2SK19が1個足りないので成田商会に買い出しです、1個のFETの為に往復50分です無いと困る幸いにも1個だけ2SK19が在庫としてあった~(^O^)/
交換前はMK10です状態は最悪でよくぞここまで頑張って発振してくれていたと感心するほどです
イメージ 1
 
次のバッファーTRは2SC710。。。ご覧の通りのこれまた酷い状態
イメージ 2
IC-71が発売されてすぐ購入してからウン十年頑張ってくれたTR.の交換です。
一世を風靡したMK-10ですがいざ足の配列調べても出て来ません当たり前すぎてかな~仕方ないので回路図から実物と照らし合わせて配列を割り出した、そして2SK19との配列違いをメモして交換です2SC710の変わりは無謀にも2SC1815を使用したってこれしかなかった。数日違いでハム仲間が代用品を持って来てくれたがタイミングが合わずでした。
イメージ 3
交換後VFOだけでテストです、カウンター繋いで発振確認5~6時間ぐらい放置して様子見した。異常なかったので組み付け開始。
汚れていたプリント板も綺麗に掃除してあげた、この時気が付いたのですがRFトップのFETが2SK19ではなく2SK33にになっていた???最初からこのFETが付いていたかは記憶にない、調べると同じ特性のFETの様です。
イメージ 7
 
イメージ 4
 
無事組み付け完了・・電源ON
50メガビーコンが修理前はS5ぐらいだったのがS59+20dbぐらい振ってきます局発の注入電圧が戻ったので本来の調子が出てきたのかちなみに土曜日の6メーターロールコールのキー局は振り切れ近いです。
イメージ 5
ついでにスピーカーも手持ちのと交換、外径が少し小さいので押さえ板作って取り付け完了です
イメージ 6
エージングがてら電源入れっぱなして修理完了とします・・・お休みなさい(-_-)zzz
 
by(^0_0^)nap