TH-77の復活 No1

さて、FT-51が使える様になったがもう一台のハンデー機TH-77が有ります。
電源は入り受信できるのですが144MHz、430MHzとも送信できない状態で放置して有りましたせっかくなのでネットで検索して見たら修理情報が沢山出てきた。
早速TH-77の分解です、情報どうり47μのコンデンサーが液漏れした後が有りましたがもう乾燥していた液漏れ部を見るとプリントパターンの腐食はひどくない、粉を吹いた液漏れ跡をブラッシで丹念に清掃です。
 その後組み付けると。。。なんと送信できるようになったが~通電していると劣化したコンデンサーがまた液漏れを起こすと思い思い切ってコンデンサーの交換を実施。
イメージ 1今回交換したコンデンサーを回路図で見ると5VのAVR部の様です。
 
イメージ 2
 
コンデンサーを慎重に外していてもペロっとパターが剥がれてOUTです。。。【笑】
先輩方の修理手本どうりにコンデンサーを繋ぎ真ん中からアースリードも出しておきました。いよいよ基板に半田付けですが老眼で良く見えない~~
 
イメージ 3
何とか半田付け完了です、極小のコンデンサーが手持ちに合ってよかったです~
ついでに144MHzの送信基板を見るとやっぱり・・・・・
イメージ 5
そんなにひどくは無いですがコンデンサーが液漏れした後が有りましたので丹念に清掃して置いた、それから基板の腐食が心配だったのでフラックスを塗っておきました。
イメージ 4
 
こんなもんで良いだろうと組んで置き時々電源を入れてワッチするようにしたがどうだかな~(*´ω`*)
イメージ 6
何か気持ち悪いな~すっきりしないな~(-。-)y-゜゜゜
 
つづく
 
by(^0_0^)nap