マイクPTTスイッチ修理

マイクついでにもう一件の修理です。
PTTボタン握っても送信にならなくなった~~だそうです。
イメージ 1
アイコムのオシャモジマイク。。。。ケンウッドよりは立体感が有るのでこの名前は不適当。
操作感はケンウッドより固めでしっかりと押さなければならないタイプです。
リグにつないでテストしたら申告どうり送信になりません、断線か。。。まず裏蓋を外して中身チェックです。
イメージ 2
コンデンサーマイクなのですが何やらスピーカー?が入る様な構造になっています、その時は鉄板の埋め蓋を外して小型スピーカー付ける様です。
さて、本題のPTTを見てみると
イメージ 3
普通のとは違い押しボタン側にタクトスイッチが付いてました、最初本体側の金属部品を接点だと思い一生懸命接点を探したのですが。。。。思い込みって怖いですね~タクトスイッチに気が付きませんでした(笑)
タクトスイッチ本体でテストするとキチンと反応しますので再度押しボタン部を組んで再現テストしてみたらどうやら金属片がヘタってタクトスイッチを押し切らない様です。
イメージ 4
金属片を少し曲げてある程度しなると本体に当たる様に曲げて見たら調子よく切り替わるのでこれで良しとした
少し余裕を付けて有りますそうしないと今度はタクトスイッチが破損する
しかしプラスチックを溶かして金属片を固定してるが。。。溶かしすぎですな~作業要領書見直ししてほしいものです、後で思えばPTTスイッチのスプリング柔らかい物に替えておくべきでした、スプリングが硬すぎるのでついPTTボタンを強く押してしまう癖がつく。


by(^0_0^)nap