レミパン修理(^o^)/

レミパンって何だと男の人は思うでしょうが主婦の方はすぐ理解するそうです(笑)

何やら料理に使う取っ手付き鍋の様です、現物のフタだけの形状はこんな物です。

で、妻が持ってきたのは落下させて取っ手の部分がバラバラになりビスでくっ付いていた1部品とフタだけです。

これを何とか使えるように直して~~だって(*^^*)

私が出来るとしたら木を削って似たようなをハンドルを作ることぐらいしか出来ません今時なら3Dプリンターでシャカシャカ作るのが常識でしょうが、定年していなければ内緒で仕事中材料は熱に強いMCナイロンで機械加工して作るのだがそれも無り(笑)

製品をイメージして材料の木片に合わせて工作です。

ハンドルの大きさは木片で決まりますが普通の木なので意外と加工していくと木の年輪が邪魔をするつまり固い部分と柔らかい部分の違いが細かい工作の時やりにくい。

取っ手の引っ掛け部分の取り付けです。

それと取っ手部が木片3枚合わせのため接着剤ではバラケル危険が有るので長ビスを1本奮発して共締めして置いた。

次に蒸気抜き部分のフタを作ります、最初は木片でと思ったが蒸気でふやけると思いアルミ板で作る事にした。

まずは形を紙に複写してアルミ板からム切り出しです。

無事に切り出した外形は3ミリほど曲げしろを入れて大きめに作ります。

次に内径の形を紙に写し取ります。

切り取った紙をアルミ板にボンドで仮付けします。

型紙を貼り付けたら板の耳部分を蒸気たまりの形状に沿って曲げ加工します。

曲げ加工はゆっくりと曲げていけば歪まずしっかりと密着したパーツを作る事が出来ます。

さて、次は蓋のつまみ部分を作りますこの時が一番木の年輪が加工の邪魔をする(笑)

なんせ綺麗に加工できない

職人はこんなパーツは加工しやすい朴木を使う意味が分かりました手元には普通の木片しかないのでシコシコと削っていくしかない(笑)

削り終わったら何だか首がもげそうな気がしたので下穴を明けて竹串を差し込んで補強しておきます。

こんな感じです(^o^)/

次は、取っ手の部分にこの摘みを差し込む穴を明けますここはボール盤が大活躍しました。

この穴の中につまみ部分が入ります。

蒸気蓋との位置関係を合わせて支点ピンを差し込み接着して置く。

この後取っ手をステンレスビスを使って蓋に固定して出来上がりですがまだ使う前にホームセンターに行って防水用にエポキシ塗料を塗ることにします。

出来上がりはこんな感じになりました、おかげて無線機部屋中が白く埃をかぶったように木粉だらけ(笑)

by(^0_0^)nap